記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】文大統領の“ご意向”は国際条約よりはるか上!? “相手国同意無視”の駐日、駐米大使任命…「友好」ではなく「教化」目的か (1/3ページ)

 ジョー・バイデン米大統領は4日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米韓首脳電話会談を行った。大統領就任から約2週間後の初会談で、菅義偉首相との日米首脳電話会談から1週間後だった。文政権の「離米親中」姿勢を踏まえた対応とみられ、韓国メディアは「米韓同盟の亀裂」と報じた。これに加えて、「国際条約違反の常習犯」である韓国への警告という意味もありそうだ。ジャーナリストの室谷克実氏が、韓国政府による駐日、駐米大使の任命経緯を踏まえて考察した。

 韓国政府は、姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使の任命に当たって、日本政府の同意(アグレマン)を得る前に国内発表した。これに対し、日本政府は韓国側に「極めて遺憾」と申し入れた-と伝える記事(読売新聞2021年2月3日)があった。

 「反日」言動で知られた人物を日本大使に押し込むために、国内発表を先行させて既成事実化する意図も強く働いたのだろうが、これは「今回、駐日大使に関して…」の限定的な事例ではない。

 上記記事は「国際慣習上は受け入れ国のアグレマンを得るまでは大使の人事について発表しない」と、外務省の説明を伝えているが、これは事を荒立てないための“偽りの説明”だ。

関連ニュース