記事詳細

【松井一郎 維新伝心】府民の方々の協力の成果「新規感染者数が1週間連続300人以下」 森会長“女性蔑視”発言に複雑な思い…一部メディアの「魔女狩り」に疑問 (1/2ページ)

 大阪府では8日、新型コロナウイルスの新規感染者が119人となった。これで、「1日平均の新規感染者数が1週間連続で300人以下」という、国に緊急事態宣言の解除を要請するための独自基準を達成した。すべて、府民の方々が協力してくれた成果だ。心から感謝したい。

 ただ、重症者病床や中等症病床の使用率は、まだ高止まりしている。これは新規感染者数に比べて、遅れて結果が出てくるためで、9日の府対策本部会議でも、すぐに解除要請という結論にはならなかった。

 この連載でも何度も訴えてきたが、「人々の命を守り、経済を止めない」ためには、社会経済活動について一定の制限をかけながら、状況に応じてアクセルとブレーキを使い分けていくしかない。このバランスが何より重要だ。

 私のもとにも、「不要不急はいつまでですか?」と聞いてこられる人がいる。その気持ちはよく分かる。仕事や生活の心配もあるだろう。「自粛疲れ」も理解できる。国や自治体では、さまざまな救済策を用意している。「未知のウイルス」に負けないために、どうか、もう少し、我慢していただきたい。

 こうした緊急事態宣言下で、自民党と公明党の国会議員が深夜に、東京・銀座の高級クラブを訪れていたことが分かった。離党や議員辞職したが、当然の処置だと思う。

 与党議員らは、大人数で食事した後、深夜に「密」になる高級クラブに出かけていた。政府・与党が「一番我慢してほしい」と呼びかけている行動であり、発覚後の説明もひどかった。「この程度はバレない」と考えていたとすれば、与党の「おごり」「緩み」というしかない。国民が激怒するのは当たり前だ。

関連ニュース