記事詳細

米中首脳が初会談 バイデン大統領、香港の民主派弾圧やウイグルでの人権侵害で懸念も…習主席「内政問題」

 ジョー・バイデン米大統領は10日(日本時間11日)、中国の習近平国家主席と初の電話会談を行った。バイデン氏は、中国による香港の民主派弾圧や新疆ウイグル自治区での人権侵害、威圧的で不公正な経済慣行に「根源的な懸念」を抱いていると伝えた。一方、習氏は香港や新疆のことは内政問題だと主張し、両者の応酬となったという。

 会談内容は、ホワイトハウスと中国政府が、それぞれ発表した。

 バイデン氏はまた、「自由で開かれたインド太平洋」地域を守ることが優先事項の1つだと指摘し、中国が台湾問題を含め地域内で強引な行動をとっていることにも懸念を示した。

 これに対し、習氏は「米国は中国の核心的利益を尊重すべきだ」「互いの政策意図を正確に理解し、誤解を避けるべきだ」と強調した。

 首脳会談後、バイデン氏はツイッターで「米国民の利益になるなら、中国と協力すると習氏に伝えた」と投稿した。

 バイデン氏は、中国に融和的姿勢を取り続けたバラク・オバマ政権で副大統領を8年間も務め、次男に中国疑惑が浮上するなど、対中姿勢への不安が指摘されている。

関連ニュース