記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】連載100回目に感謝! (1/2ページ)

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆さま!

 私の連載「プーチンの国より愛を込めて」が、2018年11月の連載スタートから数えて、ついに今回で100回目を迎えることができました。読者の皆さまと夕刊フジの編集部の皆さまには感謝の言葉しかありません!

 私自身、初めは夕刊フジ電子版だけの3カ月間程度の連載と聞いていましたので、その後に毎週のようにネット記事や新聞紙面となって長期間連載が続いていくとは、想像もしていませんでした。

 この連載の機会を与えてくれたのは、私の日本人音楽パートナー、トモキヒラタでした。トモキの友人に夕刊フジの編集部の方がいて、彼と数年ぶりに再会したトモキが私たちの音楽活動とロシアでの体験談をその友人に話したことがこの連載の始まりでした。

 音楽活動のために何度かロシアに来ているトモキですが、私が案内したエカテリンブルクの観光地の中で日本人の彼が特に衝撃を受けたのは、ロシアマフィアの墓地と対ナチス戦勝記念日のパレードを見たときだったといいます。

 そのような体験をトモキが夕刊フジの友人に話したからなのか、最初の頃は編集部よりシリアや軍事に関するお話のリクエストがありましたので、その関連のお話をいくつか記事にしました。

 シリアに関する物語のほとんどはすでに私の身近にあり、その対象者は若い人々でした。

 パルミラでISに包囲され、孤立無援の中、最後は自分のいる場所に爆撃を要請して殉死した25歳の特殊部隊員の物語。

 アレッポでの作戦中に婚約者を残して37歳で亡くなった陸軍中佐は私の姉の友人の物語でした。

 死亡通知書だけで夫がシリアで亡くなったことを知り、その事実を受け入れられずに、いつまでも夫の帰りを待つ33歳のネイリストの記事は、私の友人の物語です。

関連ニュース