記事詳細

「韓国への期待を放棄も」日韓対立でバイデン政権高官が警告 (1/2ページ)

 米国のバイデン政権が、史上最悪と言われる日韓関係を問題視していることが明らかになりつつある。

 米国務省報道官室は11日、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)に対し、「日本と韓国の間に存在する緊張は遺憾だ」と指摘。「バイデン-ハリス政権は米国と同盟国の関係強化だけでなく、同盟国間の強化にも取り組んでいる」としながら、「日本と韓国の関係よりも重要なものはない」と言明した。

 また、国務省のプライス報道官は9日の定例記者会見で北朝鮮への対応を巡り、「(北朝鮮がどのような挑発に出るかというより)私は我々がパートナーの韓国・日本と緊密に協力できないという展望がさらに心配だと考える」と発言している。

 さらに、米国議会調査局(CRS)は最近、歴史問題を巡る日韓の葛藤によって日米韓の政策調整機能が弱まったという内容の報告書を出している。韓国紙・東亜日報の報道によると、CRSは今月初めに出した日米関係に関する報告書で、「日韓関係は、日本の植民支配による敏感な歴史問題で緊張が続いている」とし、「18年と19年、貿易、安全保障、歴史関連の論争を含め両国政府が取った一連の措置と報復的対応手段は、両国の関係が真っ逆さまに陥る状況を招いた」としているという。

デイリーNKジャパン

関連ニュース