記事詳細

東大のシンボル「赤門」耐震性低く閉鎖 国の重要文化財

 東大本郷キャンパス(東京都文京区)のシンボルで、国の重要文化財「赤門」が閉鎖されたことが分かった。耐震性の低さが理由で、解除の見通しは立っていない。

 東大によると、閉鎖は12日から。赤門と両脇にある番所の耐震性の基礎診断を行ったところ、一部で耐震性能が低いとの結果が出た。今後、詳細な耐震診断をし、工事の必要性を判断する予定。

 赤門は加賀藩上屋敷の門で、1827年に藩主前田斉泰が、第11代将軍徳川家斉の娘を妻として迎え入れる際に建立された。現在は記念撮影スポットにもなっている。

関連ニュース