記事詳細

内閣広報官に小野日子氏起用で調整 “ゴチ広報官”山田真貴子氏の後任

 政府は、菅義偉首相の長男側からの接待問題で事実上引責辞任した山田真貴子内閣広報官の後任に、外務省の小野日子(おの・ひかりこ)外務副報道官を起用する方向で調整に入った。複数の政府関係者が3日、明らかにした。

 小野氏は、一橋大学卒業後、1988年に外務省入省。駐米日本大使館一等書記官や、総合外交政策局政策企画室長、内閣副広報官・官邸国際広報室長、東南アジア諸国連合日本政府代表部次席公使などを歴任。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は大学の同級生。外務省の1つ上の先輩には皇后陛下がいらしたという。

関連ニュース