記事詳細

【親も知らない今どき入試】「東大+京大特別入試合格者」ランク 上位13校中10校が「中高一貫校」 (2/2ページ)

 その東大と京大の特別入試の合格者数ランクトップは麻布と大阪桐蔭の6人だ。次いで海城、洛北、灘の5人だった。トップの麻布は東大、京大ともに3人合格だ。東大では、今年から広がった枠を有効に活用した。内訳は東大は法、文、工学部、京大は文、教育、農学部だった。大阪桐蔭は全員が京大で、経済2人、理、医学部の人間健康科学科3人だった。初めての東大3人合格は、麻布の他にも秋田、山形東が達成している。

 東大によると、全員が合格とはいかなかったが、4人出願の学校もあったという。表中の13校中10校が中高一貫校と言うのも特徴だ。高い出願資格を乗り越えるには、中高一貫校が有利なのかもしれない。

 ■安田賢治(やすだ・けんじ) 大学通信の情報調査・編集部ゼネラルマネジャー。1956年兵庫県生まれ。灘中高、早稲田大卒業後、大学通信入社。中高・大学受験の案内書・情報誌の編集責任者として大学合格や就職情報を発信。私立学校のコンサルティングにも協力。著書に『中学受験のひみつ』(朝日出版)など。

関連ニュース