記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】習主席「国賓」来日なら“日本の負の遺産” 天皇陛下への侮辱、外交上の致命傷に 喜ぶのは与野党の「親中」勢力ぐらいだ (1/2ページ)

 中国の習近平国家主席の「国賓」来日について、政府が年内の実施を見送る方針だと産経新聞が1日報じた。驚くしかない。報道が事実ならば、菅義偉政権の考えは甘すぎる。習氏を「国賓」で招けば、世界に誤ったメッセージを発信してしまうことが分からないのか。

 まず、高度3万フィート(約1万メートル)から、「中国の暴走」を俯瞰(ふかん)してもらいたい。

 中国は2月1日、海警局に外国船への武器使用を認めた海警法を施行した。沖縄県・尖閣諸島周辺では、同月15~16日にかけて中国海警局の船4隻が領海侵入した。砲のようなものを搭載している海警局船も航行していたことから、いつ漁民に被害が及んでも不思議ではない状況だ。

 人権問題をめぐっては、英BBC放送が昨年夏、新疆ウイグル自治区でウイグル人らが目隠しされ、列車に乗せられているような映像を入手・放送した。ドナルド・トランプ前米政権は今年1月、ウイグル人への行為を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定するなど、世界は中国に厳しい目を向けている。香港の人権弾圧や台湾における暴挙も続いている。

 新型コロナウイルスをめぐっても、初動対応で情報をひた隠しにし、世界を大混乱へと陥れた罪は重い。

 習氏は2015年10月、英国を「国賓」として訪問し、女王陛下主催の晩餐(ばんさん)会にも出席した。中国から英国への投資や貿易が拡大し、当時、英中の親密ぶりが報じられた。英国はその後、対中姿勢を大転換したが、「親中」イメージを払拭するのに苦労した。

関連ニュース