記事詳細

【大前研一 大前研一のニュース時評】自転車の違反摘発件数、統計開始以降最多に 「ナンバープレート制」導入を! (1/2ページ)

 警察庁によると、2020年に全国の警察が摘発した自転車の違反行為は、06年の統計開始以降最多となる2万5465件だった。前年から2606件増。この5年間でも1・8倍になった。

 もともとの健康志向に加え、新型コロナ禍による食事の宅配サービスや自転車通勤の拡大も影響している。警察は重大な事故につながる恐れがあるとして、取り締まりを強化する方針。

 摘発されたのは、信号無視が1万4344件で最多。以下、遮断機が下りた踏切への立ち入り6005件、一時不停止1804件、イヤホン使用や傘差し運転などの順守事項違反972件、ブレーキなど制動装置不良446件、2人乗りなどの乗車・積載違反233件、酒酔い運転119件…。

 自転車関連事故の死者数は419人で、うち8割の333人が自転車側の違反だった。その内訳はハンドル操作69人、左右をよく見ないなどの安全不確認65人、交差点の安全進行違反36人。違反者のうち7割超の249人が65歳以上の高齢者だった。

 私が住む東京都千代田区は、歩道の半分は自転車、半分は人間と道路に描いている地域があるが、それがある地点からなくなっている。

 それ以前に、そのルールを守っている人はほとんどいない。自転車が描いてあるところを歩いている人もいるし、人が描かれているところを走っている自転車もある。私はだいたい、左側を歩くことを原則にしているが、ぶつかりそうになったことも多い。

関連ニュース