記事詳細

文大統領真っ青! 前検事総長が「次期大統領」世論調査でいきなりトップ 歴代と同じく悲惨な末路辿るのか (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、顔面蒼白(そうはく)になっているのではないか。「次期大統領にふさわしい人物」を問う世論調査で、文政権と対立して抗議の辞任をした尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長が、いきなりトップに躍り出たのだ。次の大統領選は来年3月。韓国の歴代大統領の多くは悲惨な末路をたどっただけに、今後の展開が注目される。

 世論調査会社「リアルメーター」が8日発表した調査結果によると、尹氏が約28%で1位。韓国北部・京畿道(キョンギド)の知事で、与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)氏が約22%で追い、同党代表を辞任した知日派の李洛淵(イ・ナギョン)前首相は約14%で続いた。

 尹氏は、文政権に検察の捜査権を事実上奪われたことに抗議し、4日に電撃辞任したばかり。今後政界入りするかは不明だが、「どんな位置にいても、自由民主主義と国民を守るため全力を尽くす」と発言している。

 文政権と対立する保守層や、経済政策などに不満を持つ中道・浮動層の支持も得つつあるようだ。

 左派陣営では、韓国紙の東京特派員も経験し、日本語が堪能な李洛淵氏が一時、40%超の支持を集めたが、最近は過激な言動から「韓国のトランプ」とも称される李在明氏に逆転されている。

関連ニュース