記事詳細

元タレント・森下千里氏が衆院選出馬内定 自民、宮城5区で擁立へ 立憲民主・安住氏が相手に

 元タレントの森下千里氏(39)が14日、宮城県石巻市で開かれた自民党宮城県第五選挙区支部の会合に出席し、年内に行われる次期衆院選に宮城5区から出馬することが内定した。

 同支部長に選任された森下氏は会見を開き、「期待に応えられるよう精いっぱい頑張りたい」と表明した。

 森下氏は名古屋市出身だが、東日本大震災の被災地で炊き出し支援などに参加した。被災地の課題を問われて、「復興が進み、きれいな町ができてきているが、(被災者の)心のケアが問題。一人ひとりに対応したぬくもりを届けることが重要」などと強調した。

 衆院宮城5区では、立憲民主党国対委員長で8期連続当選の安住淳元財務相(59)が相手となる。「胸を借りるつもりで頑張りたい」と力を込めた。

関連ニュース