記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】コロナ禍の不況、新しい産業の開拓者になろう (1/2ページ)

 今までは順調だったのにコロナ禍の不況で状況ががらりと変わり、厳しい経営を強いられているという企業は多い。種類によるけど、医療業界もそうだ。早期退職を募るケースも増えているんだってね。

 一方で、インターネット関連やゲームはすごい活況で、「巣ごもり需要」で業績を伸ばしている企業もある。コロナによってビジネスの構造が変わったということだろうね。

 ボクが理事長を務めている高須病院(愛知県西尾市)の場合は、もちろん内科や外科といった一般的な治療はするけど、療養の病床の方が比重としては大きくて、コロナによるダメージはそれほど大きくないんだ。もちろん早期退職を募ることもない。

 その代わり、地域密着型の医療施設で住民の皆さんの健康を守るのが役割だから、今回のように流行病が出たときは、接触を防ぐことが厳しく求められるんだ。昨年、コロナに流行の兆しが見え始めたときから、患者さんにあやしい症状が出たらいったん隔離して治療するなど、対策を講じてきたよ。面会も病室に入らないリモート形式にした。スタッフの皆さんの頑張りもあり、今まで高須病院や関連施設でコロナが発生したことは1件もないんだよ。

関連ニュース