記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】政府復興推進委員に就任 接待問題 ワタミには「120円ルール」 (2/2ページ)

 官僚とも久しぶりに向き合うことになる。優秀でまじめだが、既定路線ありきのところも承知だ。しかし経営者として「コストパフォーマンス」と「モデル」にはこだわって意見していきたい。

 昨今、官僚の接待問題が騒がれている。ワタミにも「仕入れ」「建設」「広告宣伝」など、大きな権限や予算を持つ部署があるが、接待は「120円まで」とルールを決めている。

 打ち合わせの時に頂く「缶コーヒー1本」の値段だ。接待のコストは、まわりまわって結局、企業が負担することになる。国の場合は、それは国民(税金)負担にもなる。何より、どうしても、自分の肩書権限に勘違いをしてしまう。許認可権のある官僚だけは、やはり飲食をなしにすべきだ。「割り勘」や「5000円ルール」など金額を決めても結局、曖昧になり、そこが抜け道になってしまう。日本の復興のモデルは「陸前高田ワタミオーガニックランド」で作りたい、大きな夢だ。

 そこには、接待で決まる話などひとつもない。(ワタミ代表取締役会長兼グループCEO・渡邉美樹)

関連ニュース