記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】韓国・文大統領また得意の“二枚舌外交”? 「日韓関係修復」発言も…数々の「反日」暴挙スルーの過去 識者「一番の関心は北との融和政策」 (3/3ページ)

 バイデン政権のインド太平洋戦略にとって、習近平国家主席率いる中国共産党政権は「最大の懸案」だが、韓国は中国と経済・貿易面で密接な関係にあり、容易には対中強硬姿勢に転じることができない。そもそも、文政権は「反日・離米・従北・親中」傾向が強い。

 ブリンケン、オースティン両氏も、こうした背景に苦慮したのか、米韓の共同声明には中国への言及はなかった。日米の共同文書で中国を名指して批判したのとは大違いだ。

 韓国では、閣僚らが歴史問題で日本に妥協することは世間から強い反発を招く。こうした状況で本当に日韓関係を改善できるのか。

 前出の松木氏は「韓国は、南北融和のカギになる米国にはいい顔をせざるを得ない一方で、中国との関係も無視できない。さらに、日本との関係改善に動けば、国内の反日感情に火をつけて支持率が落ちる。文政権が、実際に日韓関係の改善に動く気などないだろう。外交とは『だまし合いの舞台』で、表面的な言葉に真意が宿るとはかぎらない。今回の韓国側の言及も、韓国側の真意を探り、毅然(きぜん)とした態度で向き合うことが日本に求められている」と語った。(室谷克実)

 

 【韓国による主な「反日」暴挙】

 ・韓国国会議長(当時)による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」

 ・韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件

 ・日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定

 ・いわゆる「徴用工」訴訟をめぐる異常判決

 ・自衛艦旗(旭日旗)への侮辱

 ・日本政府に元慰安婦らへの賠償を命じた異常判決

 ・日本EEZ内で海上保安庁調査への中止要求

関連ニュース