記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】定着してきた3月8日の「国際女性デー」 「どうしたら女性が…」考えるきっかけに (1/2ページ)

 3月8日の「国際女性デー」が定着しつつあります。1904年のこの日、米ニューヨークの女性労働者が婦人参政権を求めるデモを起こしました。これを機に女性の政治的自由や平等を願う動きが生まれ、75年には国連が国際女性デーに定めています。

 イタリアでは女性が互いにミモザの花を贈りあう「ミモザの日」とも。ちゃっかり私もパートナーからミモザをいただきました。(毎年、事前に「欲しい」と伝えています。笑)

 日本では、数々の企業により女性の自由や権利、健康などをテーマにしたイベントや活動が行われています。

 動画配信サービス「U-NEXT」は、3月27日に開催される『国際女性デー音楽祭-HAPPY WOMAN MUSIC FESTA 2021』を独占でライブ配信。「国際女性デー」の趣旨に賛同し、売り上げの一部をHAPPY WOMAN基金に寄付するそうです。

 グローバルフィットネスブランドのリーボックは、女性の多様な個性を称える「It’S A Man’S World」2021年コレクションを8日から順次発売しています。「Man’S(男の世界)」という文字に取り消し線を引いて、世界は男だけのものではない、というメッセージを表しています。

関連ニュース