記事詳細

菅首相「選挙は直前まで黙るのが一番」 鈴木宗男氏と面会で発言、「4月解散-5月総選挙」説に波紋

 菅義偉首相は22日、日本維新の会の鈴木宗男参院議員と官邸で面会し、衆院解散・総選挙の時期について、「選挙は直前までは黙っているのが一番だ」と語った。面会後、鈴木氏が記者団に明らかにした。永田町に「4月解散-5月総選挙」説が流れるなか、波紋を広げそうだ。

 菅首相は「前回選挙から3年半だから、それぞれの国会議員は全部心構えはしているだろう」とも述べたという。

 また、菅首相は対露外交について「対面外交できるように動き始めたら、ロシアとの首脳会談などもしっかりやっていきたい」と語り、ウラジーミル・プーチン大統領との会談に重ねて意欲を示した。

関連ニュース