記事詳細

NHK「軍艦島」映像捏造疑惑、前田会長が初答弁「聞き取り、精査を行い事実は確認されなかった」「制作に直接関わった人からは話を聞けていない」 (2/2ページ)

 つまり、ヘルメットも違うというのだ。

 前田会長は「関係する資料の確認、取材や制作に関わった部署の関係者ら約100人への聞き取り、55年以前に撮影された炭坑映像の精査などを行った」「保管されていた140の炭坑の映像を確認した。すべてを足し合わせると約30時間」「結果、『緑なき島』において別の炭坑で撮影された映像が使用された事実は確認されなかった」と語った。

 ただ、「番組の取材・制作に直接関わった人から話を聞けていない」とも明かした。

 「緑なき島」の問題映像は、韓国メディアで相次いで取り上げられたうえ、釜山の「国立日帝強制動員歴史館」でも展示され、軍艦島で「虐待労働」があったとする韓国側のプロパガンダに利用されている。

 青山氏は「NHKの映像が、真実に基づかない宣伝工作に使われている。公共放送として、報道機関として看過できないのではないか?」「元作業員の方々には、良質な石炭を掘ってきた誇りがある。それが(NHKの映像で)深く傷つけられた」「NHKには報道人として『誇り』『矜持(きょうじ)』を示してほしい」と指摘した。

関連ニュース