記事詳細

韓国また“南北融和”の妄言!? 「2032年夏季五輪の南北共催案」IOCに提出報道 識者「国際社会の理解は決して得られない」 (1/2ページ)

 韓国の首都、ソウル市が、2032年の夏季五輪を、北朝鮮の首都、平壌(ピョンヤン)と共催する案を、国際オリンピック委員会(IOC)に送付していたと、米韓メディアが報じた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国は、18年の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪と同様、またも五輪を「南北融和」を演出する舞台にしようとしているのか。

 

 韓国・中央日報(日本語版)は2日、「ソウル-平壌五輪提案書を出したソウル市」という記事で、ソウル市が1日、共同開催招致提案書をIOCに提出したと報じた。

 米CNN(同)も4日、「2032年夏季五輪の南北共催案、IOCに送付 韓国ソウル」と伝えた。

 韓国の文大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(当時)は2018年9月、平壌で南北首脳会談を行った。この際、両首脳は「2032夏季オリンピック南北共同開催招致協力に関する共同宣言」を発表した。中央日報によると、ソウル市は昨年1月からIOCと協議してきたという。

 ところが、IOCは今年2月、32年の夏季五輪の開催地選考で、オーストラリアのブリスベン市を優先候補に選んだ。これに対し、韓国政府や同国のオリンピック委員会は「遺憾だ」とする内容の声明を出したという。

関連ニュース