記事詳細

韓国また“南北融和”の妄言!? 「2032年夏季五輪の南北共催案」IOCに提出報道 識者「国際社会の理解は決して得られない」 (2/2ページ)

 五輪の南北共催案をどうみるか。

 韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「今回の共催案は、北朝鮮がミサイル発射を繰り返してもなお、『対北融和』一辺倒の文大統領の意向が背景にある。ソウル、釜山(プサン)両市長選で、左派与党候補が窮地にあるのを共催案提案で打開でき、下落傾向にある自らの支持率も上がると思い込んでいるフシがある。だが、そもそも五輪憲章は『五輪の政治利用』を禁じている。南北共催に国際社会の理解は決して得られない。到底無理だ」と語っている。

関連ニュース