記事詳細

コロナワクチン接種後の血栓症は「まれな副反応」 英で「慎重を期す」ため若者への使用中断を勧告

 欧州連合(EU)の医薬品規制当局は7日、接種後に血栓などの症状が報告された英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、血栓症の可能性を「非常にまれな副反応」の一つとして考慮すべきだとの見解を示した。

 英当局は「慎重を期す」ために、30歳未満にはアストラ製以外のワクチンを使用するよう勧告した。

 英国ではアストラ製ワクチンが2000万回以上使用され、接種後に79人が血栓などの症状を発症、19人が死亡したという。国内の感染状況が落ち着きつつある中、健康体な若者の場合、接種による利点がその他の年齢層と比べて相対的に小さいと結論付けた。

 英政府の諮問委員会とEU規制当局の欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)はそれぞれ記者会見を開き、接種の総合的な「利点が副反応のリスクを上回る」と強調した。

関連ニュース