記事詳細

菅首相出席し衆院決算委 まん延防止やワクチン論戦

 衆院決算行政監視委員会は12日午前、2016、17両年度の決算に関する締めくくり総括質疑を実施する。菅義偉首相と関係閣僚が出席。新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象追加や、高齢者向けワクチン接種開始をめぐり、与野党が首相と論戦を交わす。フジ・メディア・ホールディングス(HD)の外資規制違反や、東京電力福島第1原発の処理水問題も取り上げられる。

 立憲民主党の尾辻かな子氏は、コロナ感染拡大を踏まえた東京五輪・パラリンピック開催の是非について、菅首相の見解を問う。山内康一氏は感染状況が「第4波」に当たるかどうかを聞く。首相はこれまで否定的な見解を示している。

関連ニュース