記事詳細

中国ワクチン、中国当局も認めた予防率の低さ 2回接種時点で54%…チリで接種も感染者増 (1/2ページ)

 日本でも米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が始まり、発症者や重症者の減少に期待が集まっている。一方、中国製ワクチンをめぐっては当局者が「予防率が高くない」と言及、接種が進んでも感染拡大が止まらない国もある。習近平政権の「ワクチン外交」は役に立っているのか。

 ロイター通信などによると、中国疾病予防コントロールセンターの高福主任は10日の記者会見で、現在入手可能なワクチンは「予防率がそれほど高くない」とし、「異なる技術系列のワクチンを併用する接種方法が検討されている」と明らかにした。

 中国製ワクチンのうち、科興控股生物技術(シノバック)社製は、チリ大学の研究で2回接種時点で54%の感染を予防する有効性が発表された。ブラジルの治験では、有効性は約50%などと報じられた。

 ファイザー製ワクチンは90%を超える有効性が示されている。中国製は毒性をなくしたウイルスを用いる「不活化ワクチン」と呼ばれる種類で、ファイザー製は遺伝情報を伝える「メッセンジャーRNA(mRNA)」という物質を人工合成したワクチンだ。

関連ニュース