記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】米のアジアンヘイト 「ワクチン恫喝外交」の中国、「BTSの原爆Tシャツ問題」の韓国 アイツラと日本人を一緒にせんといてくれ (1/2ページ)

 私事で恐縮やが、不肖・宮嶋、一昨年末の香港取材以降、現在まで一度も海外へ出ていない。つまり、丸1年以上、一度も日本を出てないのである。こんなことは37年間の報道カメラマン人生で初めてのことである。

 悔やまれるんは、昨年1月、中国大陸からこの未知のウイルスが列島へ持ち込まれる前に、アメリカ出張を中止したことである。その間、アメリカでは大統領選があり、大統領が替わったのは改めて述べるまでもないことやが、そのアメリカでいま、ヘイトクライムというアジア人への暴力や犯罪が頻発しとるっちゅうのである。

 えっ? ホンマかいな? 訪米して直接取材でけんから「無責任」なことは言えんが、大テレビ局のコメンテーターさまの言うことにゃ、それは、トランプ前大統領が、新型コロナウイルスを「チャイナ・ウイルス」と呼んだり、中国製品に高い関税かけたり、「差別」を助長する発言や政策のせい、やと。

 せやけど、中国大陸の武漢で最初のクラスターを起こしたんは事実やろ。そして、当初は現地政府がこの事実を隠蔽し、折からの春節の休暇で、ウイルスに感染しとったかもしれん中国人観光客を通じて、世界中にバラまいたんもホンマやんけ。

関連ニュース