記事詳細

金正恩命令「火葬場でリサイクル」の実態に北朝鮮国民が驚愕 (1/3ページ)

 北朝鮮の金正恩総書記は「自力更生」の掛け声の下、軽工業部門の原材料の国産化、再資源化(リサイクル)を強く呼びかけている。コロナ鎖国によるモノ不足を補うため、国内に存在するありとあらゆる物資をリサイクルして作られた製品は、「8.3製品」と呼ばれる。

 隣国の中国では1950年代、不足する鉄鉱石を補うため、鉄製の農機具や鍋、釜を供出させ、溶かして製鉄を行なったものの、使い物にならない低級品ばかりを生み出した。農機具不足から農業生産量が低下し、大量餓死を招いた「大躍進」である。現在の北朝鮮のやり方は、この悪しき前例を彷彿とさせる。

 一方、平壌の五峯山(オボンサン)奉仕事業所は、リサイクルの「功績」が認められ、優秀事業所に選定された。ところが、原材料の出どころはとんでもないものだった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

 平壌の情報筋によると、この事業所は、リサイクルされた原材料を使って様々な衣類、家具などを次々と生産し、朝鮮労働党から国会経済発展5カ年計画の優秀事業所に選ばれた。

 実はこの五峯山奉仕事業所、リサイクル用品の工場を営んではいるものの、本業は火葬場の運営だ。遺体から寿衣(スイ)と呼ばれる死装束を剥ぎ取って服を作り、棺桶の板を使って家具を作っていたのだ。

 (参考記事:「幹部が遊びながら殺した女性を焼いた」北朝鮮権力層の猟奇的な実態

デイリーNKジャパン

関連ニュース

関連ニュース