記事詳細

“オフィス感染”深刻 大阪「ミナミ・キタ」、東京「千代田区」で勢いは「飲食店」に匹敵 会議室やデスクでの食事、休憩室など高リスクか (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るう第4波で、新たな「感染の巣」が見えてきた。3月の緊急事態宣言解除後、大阪ではミナミやキタ、東京では千代田区を中心としたオフィスでの感染が飲食店に匹敵する勢いを示している。ビジネス街で働くサラリーマンにとって深刻な事態だ。

 大阪府の15日の新規感染者は1208人と過去最多を更新。重症病床の使用率は100%を超えた。吉村洋文知事は「重症病床は極めて危機的な状況であり、人と人の接触をいかに抑えるかが重要だ」と述べた。

 東京も15日の感染者が729人と宣言解除後最多。関西を中心に流行している変異株「N501Y」の割合が、東京でも月内に5割を超える可能性が高いとモニタリング会議で示された。小池百合子知事は「通勤も含め、都外に住むエッセンシャルワーカー以外の方は可能な限り東京に来ないでいただきたい」と呼びかけた。

 コロナ関連のデータを分析しているJX通信社によると、3月22日以降、コロナ感染事例が判明している施設は全国で1378カ所あり、飲食店が134施設で最多だったが、2番目に多いのがオフィスで126施設だった。

関連ニュース