記事詳細

二階幹事長、五輪「中止も選択肢」発言は“観測気球”? 菅首相「五輪開催へ感染防止に万全」

 菅義偉首相(72)は15日、東京五輪・パラリンピック開催をめぐり、自民党の二階俊博幹事長(82)が新型コロナウイルスの感染状況次第で中止も一つの選択肢との考えを民放CS番組の収録で示したことに関し、開催の方針は変わらないとの考えを強調した。官邸で記者団の取材に答えた。

 二階氏は収録の後に「安全、安心な大会の開催に向け、しっかり支えていくことに変わりはない」とのコメントを出している。菅首相はこのコメントに触れたうえで、「政府としても開催に向け、感染防止に万全を尽くしていく。これは変わらない」と語った。

 二階氏は一種の観測気球を上げたのか、それともお疲れなのか?

関連ニュース