記事詳細

軍事バランス上の中国優位に現実味 米は相当の危機感、立て直し急ぐ 河野克俊前統合幕僚長が激白「日本は決して他人ごとじゃない」 (1/2ページ)

 自衛隊の元制服組トップ、河野克俊(かわの・かつとし)前統合幕僚長(66)が夕刊フジのインタビューに応じた。中国共産党政権は軍事的覇権拡大を進め、台湾や沖縄県・尖閣諸島への野心をあらわにしている。日本はいかに領土領海を守り、アジアの平和と安全を維持すべきなのか。菅義偉首相と、ジョー・バイデン米大統領による首脳会談への期待も含めて、聞いた。

 「軍事バランス上、中国がこの地域で優位に立つことが現実味を帯びてきている。米国は相当の危機感を持ち、軍事力の立て直しを急いでいる。日本は決して他人ごとではない」

 河野氏はこう語った。安倍晋三前首相の厚い信頼を得て、2014年秋から統合幕僚長を歴代最長の4年半務めた。

 尖閣周辺の緊張が高まったのは、民主党政権による12年の国有化以降だ。習近平氏は翌13年に国家主席に就任し、「台湾統一」を掲げている。

 「(尖閣国有化後)中国は一気に攻勢を仕掛け、防衛交流のチャンネルも打ち切った。海上自衛隊は現在、海上保安庁の後方から常に中国海軍をマークしているが、不測の事態もあり得る」「中国が台湾侵攻した場合、日本の南西諸島が戦域に入る可能性もある」

関連ニュース