記事詳細

【日本を守る】尖閣諸島が自衛隊の初陣か…中国の台湾侵攻危機は“泰平の眠りを覚ます”衝撃 支配されれば日本の独立維持は厳しい (1/2ページ)

 このままいくと、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島が、自衛隊の初陣となるだろうか。

 今月、米ワシントンで行われた、菅義偉首相とジョー・バイデン大統領との日米首脳会談の目玉は、日米にとって「台湾海峡の平和と安定が重要」と強調した点だった。

 これまで、日本政府も国民も、台湾が日本のすぐわきにあるのに、存在しないように振る舞ってきた。まさに、かつてペリーの黒船艦隊が浦賀沖に現れたときの“泰平の眠りを覚ます”衝撃を政府にもたらした。

 フィリップ・デービッドソン米インド太平洋軍司令官(海軍大将)は今年3月、上院軍事委員会の公聴会で、「中国が6年以内に、台湾に軍事侵攻する危険が迫っている」と証言している。

 私はもう40年も前から、尖閣諸島で唯一の大きな島である魚釣島に、「陸上自衛隊1個中隊を常駐させるべきだ」と主張してきた。

 しかし、政府は中国海警局の武装公船が連日のように、尖閣周辺の海に侵入しているにもかかわらず、「中国を刺激するから」といって、尖閣諸島を行政区とする石垣市の職員を含めて、「日本国民の上陸」を一切禁じている。

 中国の漁船には軍事訓練を受け、重武装した海上民兵が乗っている。海上民兵が無人の魚釣島に上陸したとしよう。自衛隊が出動して魚釣島を奪還するためには、大量の血を流さなければならない。遭遇戦では、先に高地などの要地を占拠した側が有利だ。

関連ニュース