記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】文大統領「二股外交」崩壊寸前 米中双方から警告、「クアッド参加」めぐり迫られる“踏み絵” 「米韓首脳会談も…その場しのぎだろう」室谷氏 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、5月下旬の米韓首脳会談を前に「踏み絵」を迫られている。米政府や議会は、文政権の「従北・親中」姿勢に批判のトーンを強めており、中国は、日本と米国、オーストラリア、インドの4カ国による戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」に参加するのかと何度も問い合わせているという。米中が、文政権の「二股外交」に警告を発したかたちだ。

 「複数の中国政府関係者が、韓国にQUADに参加する意思があるか、複数回、確認した」

 朝鮮日報(日本語版)は26日、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(24日付)の記事を引用するかたちで、こう伝えた。

 同紙は、外交筋の話として、韓国側が「米国からはQUADに参加するよう、要請を受けたことはない」と中国側に回答したことや、「中国は韓国がQUADへの参加に曖昧な態度を取る可能性を懸念している」と報じた。中国は「クアッドに参加するな」と警告したといえる。

 一方、米国も、文政権に疑念を強めている。

 米国務省は先月末に公表した国別人権報告書で、文政権による「対北朝鮮ビラ散布禁止法」を「重大な人権問題の1つ」と指摘したうえ、米議会は今月15日、同法に関する人権聴聞会を開催した。米議会が同盟国の人権をテーマに聴聞会を開くのは異例だ。

関連ニュース