記事詳細

中国で急増するネット詐欺 2020年は36万人逮捕で被害は3兆円弱 (1/3ページ)

 中国では通信機器やインターネットを悪用した詐欺犯罪が急増しており、昨年1年間だけで、中国公安省は32万2000件の通信ネットワーク詐欺事件を摘発し、36万1000人の容疑者を逮捕し、160万件の偽サイトを摘発した。この結果、被害者数は870万人で、合計1876億元(約3兆円)の被害額を回収したことが明らかになった。

 ネット人口 8 億人とも言われる中国では、サイバー空間で、犯罪組織の暗躍と当局とのせめぎ合いが行われており、年々、被害額が増えているのが実情だ。中国政府の発表によると、ネット詐欺で実際に金銭などを騙し取られたのは消費者全体の23%に上るという。

 中国国営新華社電によると、中国公安省は4月上旬、北京でオンラインでの大規模な会議を開催し、サイババ-犯罪などの実態と今後の対応について協議した。

 それによると、中国では2018年には推定で約40万人が地下のサイバー犯罪ネットワークに関係していたが、2年後の2020年には2.5倍の100万人が犯罪組織にかかわるほど、急拡大しているという。被害額も約150億ドル(約1兆8000億円)だったものが、2020年には225億ドルと1.5倍以上に膨れ上がっているとされる。

NEWSポストセブン

関連ニュース