記事詳細

デヴィ夫人が明かす、紀州のドン・ファン元妻の事件3カ月前の様子 「幸助さんへの尊敬がゼロではないかと…」

 野崎さんと親交のあったデヴィ夫人(81)は、須藤容疑者逮捕を受けて「幸助さん、これであなたも浮かばれますね。さぞかし無念だったことでしょう」と言葉をかけた。

 野崎さんは急死する3カ月前の2018年2月、夫人のパーティーに姿を見せたが、須藤容疑者も同伴していた。

 デヴィ夫人は当時の須藤容疑者について「記念撮影のときに、幸助さんの胸をドンと押して、『あなたは入らないで』とやったんですね。私やスタッフもびっくりして。幸助さんへの尊敬がゼロではないかという印象でした」と振り返る。

 デヴィ夫人は野崎さんから、これまで交際していた女性7~8人を結婚相手として紹介されたが、いずれも結婚に至らなかった。18年2月のパーティーは須藤容疑者と結婚した時期に近いが、夫人は入籍の事実を知らされていなかった。

 「亡くなってから、籍を入れた人がいたと聞いて、それが須藤さんだったので、私たちみんな、信じきれない気持ちでしたね」と夫人は当時の心境を明かした。

関連ニュース