記事詳細

26歳「シリアルキラー」岡庭容疑者の素顔、茨城一家殺傷 高2当時、虐待対象が動物から女の子に…自宅は「まるで実験室」 (1/2ページ)

 茨城県境町で2019年9月、一家4人を殺傷したとして殺人容疑で逮捕された岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)=埼玉県三郷市。自宅から遠く離れた場所での凶悪な犯行にはナゾも多いが、その過去からは冷酷な心理状態で犯行を繰り返す「シリアルキラー」の素顔が浮かび上がってくる。

 捜査本部は認否を明らかにしていない。捜査関係者によると、一家とは面識がなく、容疑も否認しているという。

 境町の会社員、小林光則さん=当時(48)=一家が殺傷された自宅は周囲を木々で囲まれ、隣家は約200メートルも離れている。捜査幹部は「土地勘がないと見つけられない」といい、初動の段階では「顔見知り説」が有力だった。

 また、岡庭容疑者は運転免許証も持っておらず、三郷市の自宅から約35キロも離れた小林さん宅への“アシ”がナゾだったが、自転車を使ったとみられる。

 事件が急転したのは昨年11月。小林さんの次女(13)が襲われた際に熊除けスプレーが使われており、同様の商品を岡庭容疑者がネットで購入していたことが判明、重要参考人として捜査線上に浮上した。

 岡庭容疑者の実家は不動産を数多く所有する裕福な家庭で、祖父母、両親と住んでいた。金銭目的や怨恨などの動機は明らかになっていないが、岡庭容疑者には凶悪な素顔が隠されていた。

関連ニュース