記事詳細

台湾のWHO参加、中国が妨害工作 年次総会の招待状が期限過ぎても届かず 「やはり中国の御用機関」石平氏 (1/2ページ)

 台湾外交部は11日、今年の世界保健機関(WHO)の年次総会(5月24日~6月1日)の招待状が、期限の10日を過ぎても届かなかったと明らかにした。6日閉会した先進7カ国(G7)外相会合では、蔡英文総統の台湾のオブザーバー参加を支持する共同声明が発表されたが、「中国ベッタリ」とされるテドロス・アダノム事務局長率いるWHOは、国際的な公衆衛生・防疫体制を構築することを放棄したのか。

 「中国の悪意ある妨害は、WHOが技術的議論に台湾を参加させることができない主な障害だ」

 台湾外交部の欧江安報道官は11日、こう訴えた。

 台湾は2009年以降、8年連続でWHO総会にオブザーバー参加していたが、17年以降、中国の反対などで参加できなくなった。17年といえば、テドロス氏が事務局長に就任した年だ。

 国際的な公衆衛生・防疫体制を構築するうえで、台湾の不参加は深刻な地理的空白を生んでいる。G7外相声明とは別に、アントニー・ブリンケン米国務長官は7日、テドロス氏に対し、台湾をオブザーバー参加させるよう求めたことを明らかにした。

関連ニュース