記事詳細

ファイザー製ワクチン2回摂取の9割が変異株に抗体 横浜市立大の研究チームの発表

 横浜市立大の研究チームは、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンを2回接種した人の約9割が、日本で見つかっているほとんどの変異株に対する「中和抗体」を持っていたとの研究結果を発表した。中和抗体はウイルスの感染を防ぐ作用があり、ワクチンは変異株に対しても予防効果が期待できるとしている。

 2回の接種を完了した後は、99%の人で国内に広がっている従来株への抗体が確認できた。国内で多く見つかっている英国株と南アフリカ株、ブラジル株では90~94%。インド株については97%が抗体を持っていた。

 国立感染症研究所は、ほぼ全国的に90%以上が「N501Y変異」を持つウイルスに置き換わったとする分析結果を公表しているだけに朗報だといえる。

関連ニュース