記事詳細

【展望 米中覇権争い】中露による影響工作の脅威 本格的に日本に志向されたら、かなりの日本人が簡単にだまされる (1/2ページ)

 情報戦に関する世界共通の定義はない。本稿では、情報戦を「政治戦、影響工作(Influence Operation)、宣伝戦など情報が関係する戦い」と定義する。

 情報の85%は、サイバー空間を利用して伝達・蓄積・分析・使用される。情報戦の中で最近最もホットな分野であるSNS(=ユーチューブ、ツイッター、フェイスブック)などを悪用した影響工作が及ぼす脅威について注意喚起したい。

 影響工作では、偽情報や誤情報などを大規模に拡散することにより、人間の脳などの認知領域に影響を及ぼし、人間の言動をコントロールする。認知領域での戦いを「認知戦」という。影響工作を情報領域での戦いとみれば情報戦になり、認知領域の戦いとみれば「認知戦」ともいえる。

 影響工作が世界的に有名になったのは、2016年の米大統領選でロシアが実施した工作だ。ロシア参謀本部情報総局(GRU)は、ヒラリー・クリントン氏に不利になる偽情報などを、SNSや内部告発サイト「ウィキリークス」などを通じて大量かつ頻繁に流布した。この工作は、クリントン氏に大きなダメージを与え、結果としてドナルド・トランプ氏勝利の一因になった。

 20年の米大統領選でも、諸外国が行う影響工作が注目された。米国家情報会議の報告書「2020米大統領選挙に対する外国の脅威」は、以下のように指摘している。

関連ニュース