記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】日本のワクチン接種は「驚くべき遅さ」 集団免疫を獲得に半ば“強制”でも構わない 米国では「宝くじ」や「食事券」の特典も (1/2ページ)

 都内在住の私は、7月初めにようやく新型コロナウイルスワクチンを接種する。はっきり言って、「やっとか」という思いだ。常にマスクを着用し、自粛しなければならなかった生活から脱することができると思うと、ホッとする。

 パンデミックの終息には、ワクチン接種を加速させて集団免疫を獲得するしかない。Our World in Dataの集計によると、米国では1日までに約1億6849万人(人口比50・38%)が1回目の接種を済ませ、約1億3587万人(同40・63%)がワクチン接種を終了している。

 一方、日本の首相官邸のデータによると、1回目の接種を受けた高齢者は約15%程度だ。原因として、「世界規模のワクチン争奪戦で遅れた」「厚労省に『有事』意識の欠如」「医師会の問題」などが指摘されているが、先進国として「驚くべき遅さ」といっていい。

 ワクチン接種が開始された後で、歯科医師や薬剤師による接種を議論しているようでは、当然の結果といえる。多くの国民から東京五輪・パラリンピックの開催を反対されてから、対策を講じるようでは遅いのだ。

 米国では接種開始前から医師や看護師だけでなく、獣医師や医学生にまで接種を許可し、打ち手を確保していった。接種場所についても、ニューヨーク州の地下鉄での予約なし接種や、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の連休を利用したビーチなどでの接種がある。

関連ニュース