記事詳細

「14歳と性交で逮捕は不当」立民・本多議員のあきれた発言 福山幹事長が厳重注意

 立憲民主党の本多平直衆院議員(56)=比例北海道ブロック=は7日夜、5月10日の党性犯罪刑法改正のワーキングチームの会合で、性交同意年齢の議論の際に、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などと発言したのは自身であると認め、「真摯(しんし)に反省」「発言は不適切であり、おわびして撤回いたします」とのコメントを発表した。

 党ワーキングチームでは、中学生を性被害から守るため、本人の同意があっても性行為が罪に問われる男女の年齢を、現行刑法の「13歳未満」から引き上げようと、議論を重ねている。

 本多氏は冒頭の発言に加え、「成人と中学生が恋愛関係になるのはあり得る」とも語り、厳罰化に慎重な姿勢を示したという。

 立憲民主党は事実関係を調査・確認したうえで、福山哲郎幹事長が本多氏に厳重に口頭注意したという。ただ、朝日新聞デジタルは7日、識者の「先進国だったら国会議員辞職くらいのレベルだ」というコメントを掲載している。

 本多氏は、同党の枝野幸男代表が新党さきがけ議員時代から秘書を務めた後、衆院議員になった。当選3回。

関連ニュース