記事詳細

【国家の流儀】尖閣防衛、世界が日本を支援! 日米仏豪の実動訓練で中国をけん制 (1/2ページ)

 訪米した菅義偉首相が4月16日、ジョー・バイデン大統領とともに公表した「日米首脳共同声明」は、習近平国家主席率いる中国の反発を買った。何しろ、台湾海峡やウイグルなど、中国が嫌がる文言を堂々と明記したからだ。

 中国側は早速、報復に出た。

 中国海軍の空母「遼寧」を始めとする中国海軍艦隊が、沖縄本島と宮古島の間を通過し、4月27日には尖閣諸島空域に偵察ヘリコプターまで飛ばしたのだ。これまで、尖閣諸島をめぐる日中対立は主として海の上であったが、空の上の対立も本格化しつつある。

 日米両国も負けていない。

 同じ27日、航空自衛隊の戦闘機計15機が、東シナ海と日本海において米空軍のB52戦略爆撃機2機と共同訓練を実施した。

 航空自衛隊によると、空自から参加したのは千歳(北海道)、小松(石川)、新田原(宮崎)、那覇(沖縄)各基地のF15戦闘機が13機、百里基地(茨城)のF2戦闘機が2機だった。訓練内容は、編隊を組んでの飛行と、相手の航空機を迎え撃つ要撃戦闘だ。尖閣をめぐる空の戦いに備え、日米両国は戦闘訓練を実施したのだ。

 実は、4月16日の日米共同声明には、「米国はまた、日米安全保障条約第5条が尖閣諸島に適用されることを再確認した」とあるが、その後、こう続いている。「日米両国は共に、尖閣諸島に対する日本の施政を損おうとするいかなる一方的な行動にも反対する」。

関連ニュース