記事詳細

韓国前検事総長を捜査 大統領選出馬期待の野党反発「政治的弾圧だ」

 韓国の捜査機関「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」が、尹錫悦(ユン・ソンヨル)前検事総長の捜査に着手したことが分かった。韓国メディアが10日、一斉に報じた。尹氏は来年3月の大統領選出馬をにらみ近く政界入りするとの観測が強まっており、逆風となりそうだ。尹氏の立候補に期待する野党は「政治的弾圧だ」と反発した。

 尹氏には、投資ファンドによる巨額詐欺事件をめぐり、捜査指揮を通じて事件の矮小(わいしょう)化を図った疑いが持たれている。市民団体が告発していた。

 尹氏は、文在寅(ムン・ジェイン)政権と対立して3月に検事総長を辞任した。文政権に批判的な保守層から大統領選出馬を期待され、大統領選候補の最新の支持率調査でトップに立っている。

 公捜処は、文大統領が掲げる「検察改革」の柱として1月に発足した。検察から独立して、政治家や高官、検事らの不正を捜査する。野党などは「文政権に有利な捜査だけを行いかねない」と設置に反対していた。

関連ニュース