記事詳細

中国機28機が台湾防空識別圏に進入 昨年9月以降“最多”で挑発本格化 台湾空軍の警告に、中国側「ここは公海だ」などと応答 (1/2ページ)

 台湾国防部は15日、中国軍の戦闘機や爆撃機など計28機が防空識別圏(ADIZ)に進入したと発表した。同部が公表を始めた昨年9月以降、1日では最多で緊張が高まっている。主要7カ国(G7)首脳会議で、「台湾海峡の平和と安定」を明記した共同声明が採択されるなど、自由主義諸国が対中包囲網で結束するなか、中国共産党政権が挑発行為を本格化させたようだ。

 国防部によると、進入したのは中国軍の「J16戦闘機」14機と、「J11戦闘機」6機、「H6爆撃機」4機、「KJ500早期警戒管制機」2機、「Y8対潜哨戒機」1機、「Y8電子戦機」1機の計28機。

 一部の爆撃機や対潜哨戒機は、台湾とフィリピンの間にあるバシー海峡を越えて、台湾を囲い込むようにV字型に飛行し、東部の海岸近くまで到達したという。中国機の進入は今年4月に1日25機を数えたが、ここ2カ月間は飛来機数が1桁の日が多かった。

 台湾紙、自由時報(電子版)によると、台湾空軍が立ち去るよう警告すると、中国側は「ここは公海(上空)だ」などと応答したという。

関連ニュース