記事詳細

「観客上限を厳しく」尾身氏らが提言発表へ 東京五輪の感染症対策

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は18日、東京五輪・パラリンピックの感染症対策に関する提言を発表する。

 無観客開催が感染リスクは最も小さいとする評価結果など、通常の大規模イベントよりも観客上限を厳しくする必要性を指摘するとみられる。

 国立感染症研究所などチームは緊急事態宣言の解除や五輪に伴う人出の増加により、7月からの五輪期間中に再宣言が必要になる恐れがあると分析している。

関連ニュース