記事詳細

【米中激突】米、対中ミサイル網構想 台湾は第1列島線上にある「戦略上の要石」 海軍の保有艦艇数や地理的条件では「中国優位」も (1/3ページ)

 習近平国家主席率いる中国共産党政権が、台湾への軍事的威嚇を強めている。中国軍の戦闘機や爆撃機など計28機が15日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したのだ。英国での主要7カ国(G7)首脳会議で、「台湾海峡の平和と安定の重要性」が共同声明に明記されたが、中国は聞く耳を持たないのか。ジョー・バイデン米政権は「台湾重視」の姿勢を強調するが、海軍の保有艦艇数や地理的条件では「中国優位」も指摘される。こうしたなか、米軍は九州・沖縄から台湾、フィリピン、インドネシアを結ぶ「第1列島線」に、ミサイル網構築を想定する。拓殖大学海外事情研究所教授、川上高司氏の集中連載第3弾-。

 

 米中激突の舞台は「台湾」となる。台湾の防衛は、バイデン政権にとって、2つの意味から重要な国益となる。

 1つ目は、台湾が「半導体のサプライチェーンの要」であること。2020年に台湾で製造された半導体の輸出先は、中国・香港向けが61・3%で、米国向けはわずか1・3%という(NNAニュース)。問題は、米半導体大手「クアルコム」や、同「AMD」、同「エヌビディア」などの数多くの米国企業が、台湾企業に半導体の製造委託をしていることにある。

 もし、台湾を中国に完全に獲られれば、米国にとってはピンチとなる。逆に、米国が台湾を押さえれば、中国を半導体で制することができる。

関連ニュース