記事詳細

新型戦車で爆走「飛ばし屋 金正恩」恐怖のエピソード (1/2ページ)

 北朝鮮の金正恩総書記は大の「乗り物」好きとして知られる。

 たとえば、朝鮮中央テレビは昨年8月7日、金正恩氏が水害被災地を視察した際の写真を公開。それを見ると、金正恩氏が泥で汚れたレクサス「LX570」と見られる黒のSUVの運転席側にいる。

 また、父親の金正日総書記が絶対に乗ろうとしなかった飛行機をよく利用しているし、空軍の視察で戦闘機を見るのも好きだ。自ら軽飛行機の操縦かんを握った写真を公開したこともある。

 金正恩氏はさらに、戦車を操縦した事実が公開されたこともある。韓国紙・東亜日報記者のチュ・ソンハ氏は最近、自身のYouTubeチャンネルで、かつて北朝鮮が国内テレビで放映したドキュメンタリーの内容に触れている。金正恩氏が父の死亡により権力を譲り受けた直後、2012年1月に放映されたもので、金正恩氏が戦車を操縦した様子が紹介されている。

 また、チュ氏が同じ映像の中で紹介した北朝鮮の書籍によれば、金正恩氏がこうして戦車を操縦したのは2009年9月のことだという。父親に随行して新型車両の視察に出た際、周りが止めるのも聞かず、戦車に搭乗。試験場のコースを一回りした後、「もっとスピードを出したかったが、上に乗っている人間が心配で遠慮した」と豪語。主砲も撃ちたがったが、部下から「砲弾がない」と言われてしぶしぶ諦めたという。

 (参考記事:金正恩氏の「高級ベンツ」を追い越した北朝鮮軍人の悲惨な末路

デイリーNKジャパン

関連ニュース