記事詳細

【有本香の以読制毒】誰が「対中非難決議」を潰したか? 全野党は承認も自民党内に「あんまり興味ないんだ」と言い放つ人物 (1/3ページ)

 通常国会閉会の日に当たる16日の朝、私は、8年半前の2012年冬、ドイツ・ミュンヘンを訪れたときのことを思い出していた。

 旅の目的は、当地に住む亡命ウイグル人を取材することだった。ミュンヘンには、世界最大のウイグル人コミュニティーがあり、当時、この街の周辺だけで約500世帯、1500人ものウイグル人が住んでいた。皆、中国当局による人権侵害から逃れるため、故郷を離れた人たちだ。その惨状を国際社会に訴える活動をする「世界ウイグル会議」の本部もここにある。

 同会議の総裁、ドルクン・エイサ氏は筆者の友人だ。そのドルクン氏のもとを私が訪ねた期間、フランスから初老のウイグル男性が一人訪ねてきていた。

 その人は、私を紹介されると、開口一番、東日本大震災の見舞いを言い、「震災の報道を見ていてもたってもいられず、住まいから100キロ離れたパリの日本大使館へ行って、少額だが寄付をした」と言った。彼は息子3人を、09年のウルムチ事件で中国当局に殺され、亡命した人だった。

 「息子さんを殺されての亡命生活は大変でしょうに、日本に寄付くださるなんて…」と私が言うと、彼はこう答えた。

 「私の息子たちは自分の意志で、民族のために闘って死んだんだ。しかし、津波にのみ込まれた日本の人々はそうじゃない。自分の意志に関係なく、ある日突然、天災に遭うなんて実に気の毒だよ。そんな人たちを助けるのは人として当然だ」

 返す言葉がなかった。

関連ニュース