記事詳細

山尾志桜里氏、衆院選不出馬を表明 「政治家として一区切り」

 国民民主党の山尾志桜里憲法調査会長(46)=衆院愛知7区=は17日、次期衆院選に立候補しない意向を表明した。同日付のブログに「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい。次の選挙に出ることはない」と書き込んだ。同党は衆院選比例東京ブロックの単独1位で擁立する方針だった。党幹部は「大変残念だ」と述べた。

 山尾氏は、小中学校時代にミュージカル「アニー」の初代主役を務め、東大法学部、検事を経て衆院議員となり、当選3回を重ねた。

 「若手の論客」として期待を集めたが、旧民進党時代には年下の既婚弁護士との「密会愛」を週刊文春に報じられた。最近も、国会議員に与えられる公務用のJR無料パスを不適切に使用していたと報じられるなど、脇の甘さが指摘されていた。