記事詳細

東京五輪、有観客開催の背景 ワクチン接種は道半ばも…際立つ日本の死者・感染者の少なさ 専門家「人口比での事例数も考慮すべき」 (1/3ページ)

 7月23日に開幕する東京五輪をめぐっては、新型コロナウイルスの感染拡大リスクを懸念する声はいまだ根強い。東京では変異株による感染リバウンドの兆しもあり、ワクチン接種も道半ばだけに心配する気持ちもよく分かる。ただ、観客を入れて大きなスポーツイベントを開催している欧米各国と比較すると、日本は感染者も死者も圧倒的に少ないのも事実だ。

 東京五輪の観客の上限を会場の定員の50%以内で最大1万人とすることが決まり、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は21日の記者会見で、東京五輪の各会場ごとの具体的な観客数について、組織委員会や日本政府、国際オリンピック委員会(IOC)と協議すると明らかにした。

 ライアン氏は日本の感染状況については「過去数週間、感染率は下落を続けており、現在大規模行事を開催している他の多くの国よりも低い」と述べた。同氏によると、人口100万人当たりの感染者は先週、日本は80人だったのに対し米国は3倍、英国は11倍、ロシアが9倍、フランスは3倍、オランダは5倍だった。米国や英国はワクチン接種が進んでいるが、それでも現状は日本より感染者数が多いのだ。

関連ニュース