記事詳細

新たな脅威「デルタプラス」VS「接種率4割」到達 五輪開幕まで1カ月…懸念される「感染第5波」 都は7月末までに3割目指すが (1/2ページ)

 五輪開幕まで1カ月を切る中、東京都で新型コロナウイルスの感染が再拡大している。インド由来の「デルタ株」がさらに変異した「デルタプラス」が日本でも確認されるなど「感染第5波」が懸念されるが、第4波までと大きく違うのがワクチン接種が本格化していることだ。感染減少の目安である「接種率4割」へ時間との戦いだ。

 

 24日の東京の新規感染者数は570人で、前週の同じ曜日から118人増えた。都のモニタリング会議で都医学総合研究所社会健康医学研究センターの西田淳志センター長は、主要繁華街での滞留人口が「前回の緊急事態宣言前の水準に近くなっている」と説明した。

 感染力の強いデルタ株が急速に広がっており、都内の感染者のうち、デルタ株の割合が前週の約3%から約8%にまで上昇した。

 新たな脅威が「デルタプラス」だ。インド政府は懸念すべき対象に指定する方針を示した。デルタ株と比べて脅威がどの程度高いのかは不透明だが、国立感染症研究所の集計によると、日本でも少なくとも6件が報告されている。

関連ニュース