記事詳細

出馬宣言した尹前総長、日韓関係改善に意欲

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の尹錫悦(ユン・ソンヨル)前検事総長は、大統領選への出馬を表明した29日の記者会見で、文在寅(ムン・ジェイン)政権下で極度に悪化した日韓関係の改善に向けて意欲を示した。

 日韓関係の改善策について問う日本メディアの質問に、尹氏は「今の韓日関係は回復不可能なほどだめになった」と指摘。イデオロギーにこり固まった文政権の姿勢に原因があったとの認識を示した上で、政権末期の現政権には収拾できないとの見通しを語った。

 尹氏は、日本との関係について、歴史問題の重要性に触れつつも「未来の世代のために実用的に協力しなければならない」と強調した。慰安婦やいわゆる徴用工問題に加え、日韓間の安全保障協力や貿易問題なども「全て一つのテーブルに上げて協議する方式でアプローチすべきだ」とも述べた。日韓間に防衛と外務の「2+2」形式や、防衛と外務、経済の「3+3」形式など各担当相による協議体を立ち上げ、関係回復を図っていく必要性にも言及した。(産経新聞)