記事詳細

都民ファ議員の無免許人身事故 警視庁直撃、なぜ公表しなかったのか? ネット上は木下富美子都議への怒りの声 (1/2ページ)

 東京都議選(4日投開票)で再選を果たした地域政党「都民ファーストの会」の木下富美子氏(54、板橋区選挙区)が、選挙期間中に無免許運転(免許停止中)で人身事故を起こしていたことが発覚し、同会を除名された。ネット上は、木下氏への怒りの声であふれているが、積極広報しなかった警視庁に対しても、有権者の重要な判断材料を奪ったとして、不満が高まっている。

 

 《何故、選挙前に報道していただけなかったのですか?》《これぞ上級国民》《ゆる過ぎ 一般国民なら逮捕では》《警察もコイケに忖度(そんたく)しますわな》《やっぱ最近の日本てちょっとおかしい》

 夕刊フジの公式サイトzakzakや、編集局公式ツイッターなどには、警視庁が事故そのものを公表しなかった対応を疑問視する意見が寄せられている。事故が投票直前(2日)だっただけに疑念が生じるからだ。

 確かに、ネットで「無免許」「人身事故」で検索すると、各県警による発表記事が出てくる。

 夕刊フジは6日、警視庁広報課に電話で聞いた。

 まず、なぜ広報しないのか?

 同課の担当者は「県警によって温度差もあるだろうが、警視庁は無免許運転があっても、基本的に発表していない。理由は公表していない。今回は逮捕もしていない。逆に今回だけ発表すると、『なぜ今回だけ?』となる。未発表であっても、警視庁記者クラブ加盟社には、問い合わせがあれば、しかるべき所で対応している」と語った。

関連ニュース